映画感想レビュー 更新情報

映画感想&評価(尾崎豊を探して、弥生、3月ほか)2020年1月~3月作品

投稿日:

スポンサーリンク

広告

映画感想&評価(尾崎豊を探して、弥生、3月ほか)2020年1月~3月作品

カイジ ファイナルゲーム

監督:佐藤東弥、主演:藤原竜也、福士蒼汰ほか

【あらすじ】人気コミック「カイジ」シリーズの実写映画3作目。原作者の福本伸行が脚本を手掛けたオリジナルストーリー。低賃金の派遣会社で働いていたカイジは、ある日、再会した大槻から帝愛グループが主催する一攫千金ゲーム「バベルの塔」の話を聞かされる。カイジは再び人生逆転できるのか…?

【感想/評価】ワンパターンな逆転劇を繰り広げるばかりで…これ本当に原作者が脚本書いたの?と疑ってしまう。 評価:☆☆☆


尾崎豊を探して

監督:佐藤輝、主演:尾崎豊

【あらすじ】1992年に26歳の若さで亡くなった”早すぎた伝説”ロックシンガー尾崎豊のデビュー当時から20代前半のライブ映像の中から貴重な映像を切り抜いて再構成された編集作品。

【感想/評価】女子高生とミツバチ演出にうんざり。金返せw…マジで観なければよかった(涙目) 評価:☆


仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション

監督:杉原輝昭、主演:高橋文哉、奥野壮ほか

【あらすじ】平成最後の「仮面ライダージオウ」と令和最初の「仮面ライダーゼロワン」が共闘する劇場版。タイムジャッカーの歴史介入によって、世界はヒューマギアに支配された世界となっていた。世界を元に戻すため、飛電或人は常磐ソウゴと共にデイブレイク前の過去へ向かうことになるが…。

【感想/評価】安定の満足感があるシリーズ。全体的にシリアスな内容だったのは好き嫌い分かれるところか? 評価:☆☆☆


ゴブリンスレイヤー GOBLIN’S CROWN

監督:尾崎隆晴、主演:梅原裕一郎、小倉唯ほか

【あらすじ】蝸牛くも原作の人気ライトノベル「ゴブリンスレイヤー」のテレビアニメシリーズ続編にあたる新作エピソード。ゴブリンと呼ばれる小鬼のモンスター討伐だけで銀等級にまで上り詰めた孤高の冒険者ゴブリンスレイヤー。ある日、彼は消息が途絶えたとある冒険者を救出するため、かつての仲間とともに再びゴブリン討伐の冒険へと旅立つ。

【感想/評価】絶対に好きな人しか観ないやつw 全く知らない人は先にテレビシリーズを観てから… 評価:☆☆☆


ヲタクに恋は難しい

監督:福田雄一、主演:高畑充希、山崎賢人ほか

【あらすじ】人気コミックの実写映画化。BL(ボーイズラブ)を愛する隠れ腐女子のOL桃瀬成海は、周囲に絶対に趣味がバレないよう本性を押さえながら働いていたが、転職先の職場で幼なじみの二藤宏嵩と再会。宏嵩も重度のゲームヲタクで、成海の腐女子趣味も容認していた。やがて2人は「ヲタク同士なら問題なく付き合えるのではないか?」という提案で付き合うことになるのだが…。

【感想/評価】福田組の作品はどれも原作再現度が高く、安心して楽しめる感があるのがイイ。 評価:☆☆☆


グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇

監督:成島出、主演:大泉洋、小池栄子ほか

【あらすじ】太宰治の未完の遺作「グッド・バイ」をモチーフにした舞台の映画化。戦後の復興期、田島周二は何人もの愛人を抱えていたが、優柔不断な性格が災いしてなかなか彼女たちと別れる決心ができない。困り果てた田島は、美人の女房を連れて行けば別れ話ができるのでは?と思い、街で出会った担ぎ屋のキヌ子に偽りの女房役を依頼、愛人の元へ別れ話をして回ることに…。

【感想/評価】テンポの良い展開と個性的な登場人物に引き込まれます。小池栄子の演技力は主演女優賞もの。 評価:☆☆☆☆


ハーレイ・クインの華麗なる覚醒

監督:キャシー・ヤン、主演:マーゴット・ロビー、メアリー・エリザベス・ウィンステッドほか

【あらすじ】「スーサイド・スクワッド」で初登場したハーレイ・クインが主役のスピンオフ作品。その自由奔放な暴れっぷりで街中の悪党たちから恨みを買っていたハーレイ・クインは、悪のカリスマ=ジョーカーと別れたことで一夜にして街の悪党から追われる立場となる。ハーレイは偶然出会ったスリの少女をめぐって、残忍なマフィアのボスであるブラックマスクからも狙われる羽目に…。やがてハーレイは、クセ者だらけの新たな最凶女チームを結成してマフィアに全面戦争を挑む。

【感想/評価】前作と比較してしまうと、どうしてもスケールが小さく感じてしまうのが残念。単体で観れば最高の娯楽アクション作品ですw 評価:☆☆☆☆


弥生、3月 君を愛した30年

監督:遊川和彦、主演:成田凌、波瑠ほか

【あらすじ】高校でプロサッカー選手を目指す山田太郎は、快活な少女の結城弥生と病弱な親友のサクラ達と出会う。太郎と弥生はお互い好意を持っていたが、サクラの前ではその想いを出せずにいた。やがて親友のサクラは亡くなり、2人は悲しみのまま想いを伝えず別々の人生を歩むことに…。30年後、すっかり変わり果てた太郎のもとに、亡くなったサクラから2人へのメッセージテープが届く。

【感想/評価】若い世代には共感難しい内容かもだけど、切ない大人のラブストーリーとしてすごく良い作品。 評価:☆☆☆☆


※実際に劇場で観た作品の感想です。(評価は個人的主観ですw)

広告

広告

-映画感想レビュー, 更新情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

映画感想&評価(記憶にございません!、アナと雪の女王2ほか)2019年9月~12月作品

スポンサーリンク 広告 映画感想&評価(記憶にございません!、アナと雪の女王2ほか)2019年9月~12月作品 記憶にございません! 脚本:監督三谷幸喜、主演:中井貴一。三谷幸喜の長編映画監督8作目。 …

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」は安心して観れる米版ゴジラ作品

スポンサーリンク 広告 「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」 (2019年5月)監督 マイケル・ドハティ 【あらすじ】 舞台は前作から5年後の世界。神話の時代から眠っている巨大怪獣を管理していた未確 …

「ぐらんぶる」感想レビューまとめ

スポンサーリンク 広告 「ぐらんぶる」感想レビューまとめ 【あらすじ】 青い海、聞こえてくる潮騒、照り付ける陽射し。国内でも珍しい離島にある大学に入った伊織(竜星涼)の目標はただひとつ。それは灰色の男 …

「青くて痛くて脆い」感想レビューまとめ

スポンサーリンク 広告 「青くて痛くて脆い」感想レビューまとめ 【あらすじ】 人付き合いが苦手な大学生・田端楓(吉沢亮)と、空気の読めない発言ばかりで周囲から浮きまくっている秋好寿乃(杉咲花)の2人は …

木村拓哉主演「マスカレード・ホテル」感想

<スポンサード リンク> 「マスカレード・ホテル」 (2019年1月)監督 鈴木雅之 【あらすじ】 都内で不可解な数字の羅列が残される殺人事件が発生。 警視庁捜査一課の刑事・新田浩介(木村拓哉)は、数 …

<スポンサード リンク>