ゴジラ情報 更新情報

【閲覧注意】映画「シン・ゴジラ」噂の第一形態の極秘画像を検証!!

投稿日:2017年4月19日 更新日:



公式?非公式?映画「シン・ゴジラ」噂の第一形態の極秘画像を検証まとめ!!【閲覧注意】

映画「シン・ゴジラ」で最大の謎とされているのが、本編ラストシーンのゴジラの尻尾の秘密ゴジラ誕生の第一形態です。

映画本編では「第二形態」で日本の河川から蒲田に上陸して這いずりまわって、二足歩行となる「第三形態」、やがて倍ほどの大きさになり強靭な漆黒の外皮をまとった最強の「第四形態」とその体を目まぐるしい速度で進化させつつ大暴れしましたが、日本に上陸する以前の「第一形態」に関しては、海底で爆誕してから尻尾の一部しかその姿を見せず、公式上にも公表されていないシークレットとなっています。

ここでは、ファンが予想する「シン・ゴジラ」第一形態の想像図や、イメージ画像をまとめて、どれが一番リアルで本物に近い「シン・ゴジラ」の第一形態なのか?を検証してみたいと思います。それではどうぞ!

見た目が一番カッコイイで賞

ファンが描いた第一形態のイメージイラスト。いかにも特撮怪獣っぽいデザインでカッコイイです!

シンプルで近いかもで賞

これもファンが描いた予想イラスト。巨大な稚魚をイメージしていますね。

ファイナルファンタジーに出てきそうで賞

作風が天野喜孝先生ちっくでかなりお上手です!ちょっと太りすぎですかね…

上陸直前の第一形態はきっとこんな感じで賞

たぶん生まれたばかりの第一形態は体表も色素も第二形態とは全く違うような気がします。この画像はかなり第二形態のカラーになってきているので、第一形態の終盤をイメージしたものなのかもしれませんね。

これはガチで職人の仕業!?リアルすぎて怖いで賞

うわあああ!!!リアルにキモすぎて怖い(笑)CGを駆使して描かれた超リアルな第一形態のイメージ画像です。かなりリアルですけど完成度が高すぎて、違う別の生き物のようにも見えてしまいます。

イメージフィギュアが良く出来てるで賞

こちらは第一形態をイメージしたフィギュア。尻尾のディテールが映画とまんま同じでよく再現されています。マッチョに見えるヒレは後の後ろ足でしょうか。

ネット騒然!公式から漏れた第一形態の極秘模型画像?で賞

あまりの精巧さに、一時ネットでは「本物の公式から第一形態の模型(雛型)画像が流出したぞ!」と盛り上がった画像です。真ん中あたりの花が咲いてるみたいに見えるのは海面の水しぶきを表現していて、そこから上の部分が本編に登場した尻尾の部分です。

残念ながら公式の流出画像ではなかったようですが、かなりインパクトのある最もリアルな模型かもしれません。

実在のモデル生物は存在するので賞

一般的にシン・ゴジラの第一形態~第二形態は、深海生物で古代サメのラブカ(希少種)がモデルなのでは?という声が多いようです。

こんなに綺麗な体長ではないと思いますけど、退化した目やドバドバのエラの特徴は確かによく似ていますね。

ガチでやばい!シン・ゴジラ第一形態の稚魚で賞

「ずばりこれが優勝です!!」

(ノーコメントでw)

 

 

広告

広告

-ゴジラ情報, 更新情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

「青くて痛くて脆い」感想レビューまとめ

スポンサーリンク 広告 「青くて痛くて脆い」感想レビューまとめ 【あらすじ】 人付き合いが苦手な大学生・田端楓(吉沢亮)と、空気の読めない発言ばかりで周囲から浮きまくっている秋好寿乃(杉咲花)の2人は …

「天気の子」を観る前に押さえておきたい見どころポイント(ネタバレ注意あり)

スポンサーリンク 広告 「天気の子」 (2019年7月)監督 新海誠 【あらすじ】 実家の離島から家出し、ひとり東京にやって来た高校生の帆高(ほだか) 東京では異常なほど長期的な雨が続いていた。 帆高 …

美味いメシを食うか、それとも…?「Diner ダイナー」ネタバレなし感想

スポンサーリンク 広告 「Diner ダイナー」 (2019年7月)監督 蜷川実花 【あらすじ】 自分の生きる場所を見出せない無気力な少女オオバカナコ(玉城ティナ)はある日、チラシで見つけた海外への旅 …

最初から最後まで息苦しさしかない「X-MEN ダーク・フェニックス」ネタバレなし感想

スポンサーリンク 広告 「X-MEN ダーク・フェニックス」 (2019年6月)監督 サイモン・キンバーグ 【あらすじ】 人類を救う戦いから10年が経ち、ミュータントと人間が平和的に調和していたある日 …

本当の自分と本当の幸せを見つける音楽「ダンス・ウィズ・ミー」

ダンス・ウィズ・ミー (2019年8月)監督 矢口史靖 【あらすじ】 一流商社で働く勝ち組OLの鈴木静香(三吉彩花)は、幼いころの苦い思い出からミュージカルを毛嫌いしていた。 「そもそもミュージカルっ …

<スポンサード リンク>