ゴジラ情報 更新情報

ハリウッド版ゴジラの続編『GODZILLAー2』の公開日・正式タイトルが決定!噂の「ガメラ」は…?

投稿日:2017年5月27日 更新日:



ハリウッド版ゴジラの続編『GODZILLAー2』の公開日・正式タイトルが決定しました!


ハリウッドがリメイクした斬新なディティールで話題となった「海外版ゴジラ」の続編が、『ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ(原題)』として、2019年3月22日に全米公開(予定)であるとワーナー・ブラザースが正式発表しました。

ギャレス・エドワーズ監督の降板劇。その降板理由は…

監督は、前作に引き続きギャレス・エドワーズ監督が続投…の予定でしたが、制作直前になってまさかの監督降板劇が発生!!

これにより『ゴジラ2』の公開予定日が延長(2018年6月→2019年3月)されることになり、製作スタッフと業界は一時騒然となりました…。

ギャレス・エドワード監督はその降板理由について「他に撮りたい(小規模な)作品がある。」と語っており(※)制作会社も監督の意向を受け止めトラブルなく円満承諾したそうです。

(※スケールの大きな作品が続いたので、その重圧に疲れてしまったのかもしれません…)

『ゴジラ2』の新たな監督には「クランプス 魔物の儀式」のマイケル・ドハティ氏が努めることになりました。


『GODZILLA2:キング・オブ・モンスターズ』の内容は?

そして、続編の『GODZILLA2:キング・オブ・モンスターズ』の気になる内容ですが、キングギドラやラドン、モスラが登場する日本版ゴジラ「三大怪獣 地球最大の決戦」のリメイク的な作品になるのではないかと言われています。

これは、3月に劇場公開された「キングコング~髑髏島の巨神」のエンドロール後のサービス映像の壁画にキングギドラ、モスラ、ラドンといった「ゴジラ映画シリーズ」の人気怪獣のシルエットを思わせる演出があり、次のシリーズ作品でこの3大怪獣が登場する可能性が高いのではという見解です。

「ゴジラ」シリーズの続編は『ゴジラvsキングコング』か?

また、2020年には映画「キングコング」の正統続編『ゴジラvsキングコング』も控えていますので、これからますますハリウッドの怪獣映画作品から目が離せませんね!

スポンサーリンク

広告

<スポンサード リンク>

【極秘情報?という噂話】

ゴジラ、キングコング…といった有名巨大怪獣作品が続く中、ついに

ハリウッド版「ガメラ(GODMEERA)」

の制作が水面下で進行中(亀だけに)らしい!?…といった噂があったりなかったり…という噂です。

更に、あの庵野〇明監督による最新作は「シン・ガメラ」との噂も…??

もちろん

信じるか信じないかはあなた次第ですw(笑)

新たな最新情報が届きましたらまたお知らせ致します。

広告

<スポンサード リンク>

広告

<スポンサード リンク>

-ゴジラ情報, 更新情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

木村拓哉主演「マスカレード・ホテル」感想

<スポンサード リンク> 「マスカレード・ホテル」 (2019年1月)監督 鈴木雅之 【あらすじ】 都内で不可解な数字の羅列が残される殺人事件が発生。 警視庁捜査一課の刑事・新田浩介(木村拓哉)は、数 …

キャナルシティ博多にゴジラが登場!!

<スポンサード リンク> キャナルシティ博多にゴジラが登場!! キャナルシティ博多にて「シン・ゴジラ」のオリジナルショー「ゴジラ 博多、上陸。CANAL CITY HAKATA GODZILLA Th …

クリス・ヘムズワースの声優が三宅健太(ソー役)じゃない違和感「メン・イン・ブラック インターナショナル」

スポンサーリンク 広告 <スポンサード リンク> 「メン・イン・ブラック インターナショナル」 (2019年6月)監督 F・ゲイリー・グレイ 【あらすじ】 幼いころエイリアンと遭遇した少女(エージェン …

本当に夏休みを満喫できたのは…あの人?「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」ネタバレなし感想

スポンサーリンク 広告 <スポンサード リンク> 「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」 (2019年6月)監督 ジョン・ワッツ 【あらすじ】 舞台は突如消えた全人類の半分が5年後に復活するという …

まんまと騙されたでしょ?「コンフィデンスマンJP」の世界へようこそ!

スポンサーリンク 広告 <スポンサード リンク> 「コンフィデンスマンJP」 (2019年5月)監督 田中亮 【あらすじ】 天才的な知能を持つダー子(長澤まさみ)、お人よしなボクちゃん(東出昌大)、ベ …

<スポンサード リンク>