映画感想レビュー 更新情報

美味いメシを食うか、それとも…?「Diner ダイナー」ネタバレなし感想

投稿日:2019年7月7日 更新日:

スポンサーリンク

広告

「Diner ダイナー」

(2019年7月)監督 蜷川実花

【あらすじ】

自分の生きる場所を見出せない無気力な少女オオバカナコ(玉城ティナ)はある日、チラシで見つけた海外への旅費を稼ぐため、日給30万円という怪しいアルバイトに手を出してしまう。

バイトに失敗して組織に身売りされたカナコは、天才シェフ、ボンベロ(藤原竜也)が店主をつとめる殺し屋専用の闇食堂「ダイナー」のウェイトレスとして働くことに。

元殺し屋のボンベロが「王」として君臨するダイナーは、筋肉自慢のブロ(武田真治)や傷だらけの殺し屋スキン(窪田正孝)、子供の容姿をしたキッド(本郷奏多)といった凄腕の殺し屋たちが次々とやってくる非情な世界だった。

「皿の置き方ひとつで消されることもある…」

そんな冷酷非情なダイナーで、カナコは初めて生きる意味を知る。

そしてダイナーでは、闇の組織の跡目争いをめぐる会食が始まろうとしていた…

【キャスト】
ボンベロ/藤原竜也、オオバカナコ/玉城ティナ、スキン/窪田正孝、キッド/本郷奏多 ほか

「Diner ダイナー」感想

みんなの感想

「映像美!蜷川監督の色彩感覚が本当に素晴らしい!ただ、ストーリーは今ひとつ

「藤原竜也と窪田くんが、ひたすらカッコ良かった!」

「原作ファンは観ないほうがいいです。映像は美しかった。」

「俺はァァ〜ここの、王だ!砂糖の一粒までもが俺に従う!」

監督が「ヘルタースケルター」「さくらん」の蜷川実花監督ということもあり、やたら映像美に力の入った作品でした。

「ひどい役しかやらせてもらえない」という主演の藤原竜也は、今回もひどい役まわりのエゴイストとして登場します(笑)

ただ、最後には……なので、藤原竜也ファンが満足できそうなエンディングになっていると思います。

オススメは窪田正孝の演じるスキンの悲しくも美しい表情と、ガチ宝塚風な真矢ミキさん(笑)

あと、心配してる方もいると思われる殺しや暴力による流血などのスプラッタシーンですが

安心して下さい(笑)

銃で撃たれても、首を切られてもドバッと血が飛び散ったりすることはなく、かなりソフトな描写に抑えられていました。

思いのほかホッとする温かいラストにも注目ですよ。

※字幕エンドロール後のオマケ映像はなし。

(オススメ度:☆☆☆★)

広告

広告

-映画感想レビュー, 更新情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

「事故物件 恐い間取り」感想レビューまとめ

スポンサーリンク 広告 「事故物件 恐い間取り」感想レビューまとめ 【あらすじ】 ”事故物件住みます芸人”松原タニシの実体験を基にしたノンフィクション。売れない芸人・山野ヤマメ(亀梨和也)はTV番組へ …

映画「シン・ゴジラ」のストーリー、キャスト、スタッフ コンテンツを更新しました。

映画「シン・ゴジラ」のストーリー、キャスト、スタッフ コンテンツを更新しました。 コンテンツの更新内容はこちら↓ 「ストーリー」 映画「シン・ゴジラ」のストーリーをどこよりも詳しく紹介。 ストーリー軸 …

映画感想&評価(記憶にございません!、アナと雪の女王2ほか)2019年9月~12月作品

スポンサーリンク 広告 映画感想&評価(記憶にございません!、アナと雪の女王2ほか)2019年9月~12月作品 記憶にございません! 脚本:監督三谷幸喜、主演:中井貴一。三谷幸喜の長編映画監督8作目。 …

海中で、暴れろ。「アクアマン」感想

<スポンサード リンク> 「アクアマン」 (2019年2月)監督 ジェームズ・ワン 【あらすじ】 伝説のアトランティス帝国を築いた海底人の王女と人間の父の血を引くアクアマンは、海の生物すべてを従えて戦 …

映画「シン・ゴジラ」続編決定か!?…噂の真相

映画「シン・ゴジラ」続編決定か!?…噂の真相 元ネタは、3月22日東京・オーチャードホールにて開催されたコンサートイベント「シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽」の公演中にて起きた出来事。 そのコンサ …

<スポンサード リンク>