映画ブログ 更新情報

岡田准一(V6)は日本を代表するアクション俳優へ!「ザ・ファブル」ネタバレなし感想

投稿日:2019年6月23日 更新日:

スポンサーリンク

広告

ファブル

(2019年6月)監督 江口カン

【あらすじ】

標的を必ず6秒以内に仕留めるという裏社会伝説の殺し屋、通称ファブル(岡田准一)

組織のボスはファブルに「1年ほど休んで、潜れ(休業して普通の生活を送れ)」というミッションを命じる。

ファブルは相棒のヨウコ(木村文乃)と共に、”佐藤アキラ”という普通っぽい偽名で大阪へ引っ越しすることに…

1年だけ大阪で普通に暮らすだけの簡単なミッション?のはずが、ファブルの前には次々とヤクザ絡みのトラブルが舞い込む。

そんなある日、就職で世話になったミサキ(山本美月)が、ファブルを倒して名を上げようとするヤクザ達に誘拐される。

「ミサキちゃんには世話になった。助けるのが普通や…」

ファブルは誰も殺さず、人を助けるという無理難題のミッションに挑むことになるが…。

【キャスト】
ファブル:佐藤アキラ/岡田准一、佐藤ヨウコ/木村文乃、清水ミサキ/山本美月、小島/柳楽優弥 ほか

「ザ・ファブル」感想

みんなの感想

「岡田さん、いつも通り格好いい!続編期待してます。」

「岡田君のスタント無しの演技は凄い!なんだか終わった後も耳に残るあのシーン笑!」

「原作見てないけどだいたい理解できた。普通じゃない」

とにかくもお、この個性派ぞろいの超豪華キャストですよ!

面白くないわけがありません!!

自分も原作(南勝久「週刊ヤングマガジン」連載)を読まないで、映画を観た派wなんですけど、全然普通に楽しめました♪

とくに注目してほしいのが、日本を代表するアクションスターへと成長した岡田准一のジャッキー顔負けアクションです!

岡田は、以前からブルース・リーで知られる武術「ジークンドー」を修得しており、その身体能力は予想以上にズバ抜けています!

共演者の福士蒼汰も「あんなにスムーズに壁を登るのは異常。15メートルくらいの高さから飛び降りるシーンもスタントさんを使わず…」と、岡田をリスペクトしたそうです(笑)

そして、作品中で最も強烈なインパクトを残したのが、海老原(安田顕)の弟分 小島(柳楽優弥)と、ジャッカル富岡(宮川大輔)の2人。

とくに海老原と小島の複雑な仁義関係は、物語の大きな鍵となっています。

ちなみに、前半まではコミカルな展開ですが、後半はシリアスな任侠映画並みに乱闘や銃を撃ちまくりますので、けっこうハードなシーン(※流血あり)があります。

そして気になるラストは、ハッピーエンドでありつつも…衝撃的な悲しい結末が待っています。(劇場で確認してくださいw)

自分的には最初から最後までスカッとした、コミカルハードボイルドな作品で非常に面白かったですよー!\(^o^)/

岡田准一のアクションと演技だけでご飯3杯はイケる痛快映画です(笑)

※エンドロール後にもオマケ映像があります!

(オススメ度:☆☆☆☆☆)

広告

広告

-映画ブログ, 更新情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

集え全世界のゴジラファン!第1回「ゴジラ検定」3月10日(日)に開催

<スポンサード リンク> 集え全世界のゴジラファン!第1回「ゴジラ検定」3月10日(日)に開催 2019年、ゴジラシリーズの誕生から65周年を記念して「ゴジラ検定」が開催されます。 ゴジラ検定では、昭 …

最初から最後まで息苦しさしかない「X-MEN ダーク・フェニックス」ネタバレなし感想

スポンサーリンク 広告 「X-MEN ダーク・フェニックス」 (2019年6月)監督 サイモン・キンバーグ 【あらすじ】 人類を救う戦いから10年が経ち、ミュータントと人間が平和的に調和していたある日 …

【映画公開記念】ゴジラ再び博多上陸!王の覚醒を見逃すな。JR博多駅に高さ約2mの「ゴジラ像」が襲来

スポンサーリンク 広告 【映画公開記念】ゴジラ再び博多上陸!王の覚醒を見逃すな。JR博多駅に高さ約2mの「ゴジラ像」襲来 映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」の公開を記念して、JR博多駅にゴジラ …

ハリウッド版ゴジラの続編『GODZILLAー2』の公開日・正式タイトルが決定!噂の「ガメラ」は…?

ハリウッド版ゴジラの続編『GODZILLAー2』の公開日・正式タイトルが決定しました! ハリウッドがリメイクした斬新なディティールで話題となった「海外版ゴジラ」の続編が、『ゴジラ:キング・オブ・モンス …

本当の自分と本当の幸せを見つける音楽「ダンス・ウィズ・ミー」

ダンス・ウィズ・ミー (2019年8月)監督 矢口史靖 【あらすじ】 一流商社で働く勝ち組OLの鈴木静香(三吉彩花)は、幼いころの苦い思い出からミュージカルを毛嫌いしていた。 「そもそもミュージカルっ …

<スポンサード リンク>