映画ブログ 更新情報

クリス・ヘムズワースの声優が三宅健太(ソー役)じゃない違和感「メン・イン・ブラック インターナショナル」

投稿日:2019年6月27日 更新日:

スポンサーリンク

広告

「メン・イン・ブラック インターナショナル」

(2019年6月)監督 F・ゲイリー・グレイ

【あらすじ】

幼いころエイリアンと遭遇した少女(エージェントM)は、地球に生息する異星人の監視と取り締まりを行っている最高秘密機関MIB(メン・イン・ブラック)の研修生として着任する。

最初の任務は、どこかチャラ男っぽい先輩エージェントHと組んで、ロンドン支部内で不穏な動きがあるとされる原因の調査だった。

やがて2人は、MIBの内部に敵と内通したスパイがいる可能性があることをつきとめるが、同時にMIBからも追われることとなってしまう。

そして隠されたエージェントHの秘密が明らかに…。

【キャスト】
エージェントH/クリス・ヘムズワース(杉田智和)、エージェントM/テッサ・トンプソン(今田美桜)、ハイT/リーアム・ニーソン(磯部勉) ほか

メンインブラック インターナショナル」感想

みんなの感想

「とても笑えます!ぜひぜひ見てください!」

「こんなものでしょ。面白いは面白いけど、何かが物足りない。」

「期待はずれですね。主役の2人のキャラがイマイチです。どうしても前三部作と比較してしまい見劣り感は否めませんでした。」

ウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズ主演による『メン・イン・ブラック』シリーズのキャストを一新した最新作(第4弾)

今作の主役は、敏腕だがどこかいい加減なエージェントHを『マイティ・ソー バトルロイヤル』で、ソーを演じたクリス・ヘムズワース。

同じく、新人エリートのエージェントMを『マイティ・ソー バトルロイヤル』ヴァルキリー役のテッサ・トンプソンが演じるという共演作。

感想は、まあ…及第点といったところでしょうか。

全体的にはコミカルで面白いとは思うんですが、「みんなの感想」にもあるように、前のシリーズと比べるとギャグもエイリアンも全ての点でパワーダウンしている感じです…(´・ω・`)

といいつつも、今作をウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズで配役だけ変えてリメイクしたら、違った評価になってたように思います。

やはり『メン・イン・ブラック』は、前作の2人の存在感があったからこその面白さだったんだなと、再認識させられた感じの作品ですね。

ちなみに、唯一の見どころは、エージェントHが敵エイリアンに襲われピンチに陥ってた時、偶然そばにあったハンマー(!)を手にして喜々するwという、ファンの期待を裏切らないお遊びシーンです(笑)

…その後、どうなったのかは劇場でご確認くださいww

※エンドロール後のオマケ映像はなし

※吹替版のエンドロール後には、吉本坂46のエンドロールがあります!

(オススメ度:☆☆☆★)

まとめ:クリス・ヘムズワースの声優が三宅健太(ソー役)じゃないことへの違和感が大きいという結論でいいですよねww

広告

広告

-映画ブログ, 更新情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

海中で、暴れろ。「アクアマン」感想

<スポンサード リンク> 「アクアマン」 (2019年2月)監督 ジェームズ・ワン 【あらすじ】 伝説のアトランティス帝国を築いた海底人の王女と人間の父の血を引くアクアマンは、海の生物すべてを従えて戦 …

【閲覧注意】映画「シン・ゴジラ」噂の第一形態の極秘画像を検証!!

公式?非公式?映画「シン・ゴジラ」噂の第一形態の極秘画像を検証まとめ!!【閲覧注意】 映画「シン・ゴジラ」で最大の謎とされているのが、本編ラストシーンのゴジラの尻尾の秘密とゴジラ誕生の第一形態です。 …

堤真一主演「神様はバリにいる」感想

<スポンサード リンク> 「神様はバリにいる」 (2014年)監督 李闘士男 【あらすじ】ハウツー本「出稼げば大富豪」をベースにした作品。ビジネスに失敗し800万円の借金を抱えた祥子(尾野真千子)は、 …

「劇場版 シティーハンター 新宿プライベートアイズ」感想

<スポンサード リンク> 「劇場版 シティーハンター 新宿プライベートアイズ」 (2019年2月)監督 こだま兼嗣 【あらすじ】 裏社会の始末屋シティーハンターの冴羽リョウと相棒・槇村香のもとに、人気 …

マーベル最強の女戦士「キャプテン・マーベル」感想

スポンサーリンク 広告 「キャプテン・マーベル」 (2019年3月)監督 アンナ・ボーデン、ライアン・フレック 【あらすじ】 突如、ロサンゼルスのレンタルビデオ店の屋根を突き破って女性が落ちてきた。 …

<スポンサード リンク>