映画ブログ 更新情報

マーベル最強の女戦士「キャプテン・マーベル」感想

投稿日:2019年3月16日 更新日:

スポンサーリンク

広告

<スポンサード リンク>

「キャプテン・マーベル」

(2019年3月)監督 アンナ・ボーデン、ライアン・フレック

【あらすじ】
突如、ロサンゼルスのレンタルビデオ店の屋根を突き破って女性が落ちてきた。

彼女は全身をライダースのような特殊スーツに身を包んだ驚異的な力を持つ異星人で、過去の記憶を失っていた。

そこへ、追手の異星人とアベンジャーズ結成前の若きニック・フューリーがやってくる。

彼女と異星人の人知を超えた戦いを目の当たりにしたフューリーは、彼女と行動を共にする。

果たして彼女は何者なのか?追手の異星人の目的とは…?

【キャスト】
キャプテン・マーベル/ブリー・ラーソン(水樹奈々)、ニック・フューリー/サミュエル・L・ジャクソン(竹中直人)ほか

「キャプテン・マーベル」感想

すでに発表されている情報ですが、この「キャプテン・マーベル」も他のマーベルヒーロー作品と同じく「アベンジャーズ」シリーズと関連付けられていて、4月に公開予定の『アベンジャーズ:エンドゲーム』へと続くストーリーとなっています。

物語は1990年代、シールド所属の若きフューリーが、その後の”アベンジャーズ”を結成するきっかけとなったプロローグ的な位置付けの作品です。

内容的にはさすがマーベル作品といったところで、今作もコミカルなキャラクター設定とニヤリとさせる演出に悲壮感なく観ていられます。

ただ、記憶のフラッシュバック演出が凝りすぎていて、困惑してる間にストーリーだけサクサクと展開していく感じも…(;´・ω・)

ちなみに、主人公の強さは同じ女性ヒーローのワンダーウーマンとは比較にならないスペックで、マーベル最強クラスのスペックを持っています。彼女が真の力を発揮して戦う場面は圧巻で、観てるだけで気持ち良くスッキリとした展開でした。

個人的にIMAX、4DX向けの作品ではないので、2D作品で十分楽しめる作品だと思います。

注目ポイントは猫が可愛いwです。(オススメ度:☆☆☆☆)

広告

<スポンサード リンク>

広告

<スポンサード リンク>

-映画ブログ, 更新情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ごあいさつ

ごあいさつ はじめまして。 サイト管理人のK・コスギと申します。 ずっと作りたいと思っていた映画「シン・ゴジラ」のファンサイトがようやく完成しました。 構想半年ww(笑) なんとか形になってきたので、 …

まんまと騙されたでしょ?「コンフィデンスマンJP」の世界へようこそ!

スポンサーリンク 広告 <スポンサード リンク> 「コンフィデンスマンJP」 (2019年5月)監督 田中亮 【あらすじ】 天才的な知能を持つダー子(長澤まさみ)、お人よしなボクちゃん(東出昌大)、ベ …

海中で、暴れろ。「アクアマン」感想

<スポンサード リンク> 「アクアマン」 (2019年2月)監督 ジェームズ・ワン 【あらすじ】 伝説のアトランティス帝国を築いた海底人の王女と人間の父の血を引くアクアマンは、海の生物すべてを従えて戦 …

映画「シン・ゴジラ」の制作・配給会社 東宝が2017年2月期の連結決算を発表。

<スポンサード リンク> 映画「シン・ゴジラ」の制作・配給会社 東宝が2017年2月期の連結決算を発表。 アニメ「君の名は。」と「シン・ゴジラ」が歴史的大ヒットとなり東宝の売上げ高が2335億円という …

堤真一主演「神様はバリにいる」感想

<スポンサード リンク> 「神様はバリにいる」 (2014年)監督 李闘士男 【あらすじ】ハウツー本「出稼げば大富豪」をベースにした作品。ビジネスに失敗し800万円の借金を抱えた祥子(尾野真千子)は、 …

<スポンサード リンク>