本編 ストーリー

映画「シン・ゴジラ」本編ストーリー

(シン・ゴジラの誕生:第一形態)

11月3日8時30分ごろ、東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出、同時に海底を通る東京湾アクアラインでもトンネル崩落事故が発生。
 政府は原因を海底火山か熱水噴出孔の発生と見て対応を進める。

矢口「巨大不明生物の可能性があります!」

矢口蘭堂(やぐち らんどう)内閣官房副長官は、ネット上の一般人の動画や目撃報告から、いち早く巨大生物に因している可能性を示すが、一笑に付される。

しかし、間もなく巨大生物の尻尾部分がテレビ報道されたため、政府は認識を改める。

(シン・ゴジラ 第二形態)

総理「えっ?鎌田に?上陸はありえないと伝えたばかりだぞ!」

巨大生物は多摩川河口から大田区内の呑川を這いずるように遡上し、蒲田で上陸、北進をはじめる。

総理「(防衛出動を)今ここで決めるのか…?聞いてないぞ!」

対処方針は駆除と決まり、政府は自衛隊に害獣駆除を目的とした出動を要請する。
巨大生物は当初、蠕動のような動作で進行していたが北品川近くで変形、直立二足歩行を始める。

(シン・ゴジラ 第三形態)

総理「すごい…まるで進化だ…!!」

自衛隊の攻撃ヘリコプターが攻撃位置に到着するが、付近に逃げ遅れた住民が発見され、攻撃は中止される。

しかしちょうどその時、巨大生物は突然歩行を止めて元の姿に戻り、京浜運河から東京湾へと姿を消す。
巨大生物は上陸から2時間強で死者・行方不明者100名以上の被害を出した。

巨大生物の再度襲来に備え、矢口を事務局長とし様々な部署の突出した能力を有するが一癖も二癖もある問題児達を集めた「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」が設置される。

対策本部「あれだけのエネルギー、まさか核分裂…?ありえませんよ!」

そして被害地域で微量の放射線量の増加が確認され、付近の原発からの放射能漏れが無く巨大生物の行動経路と一致したことから、巨大生物が放射線源だと判明する。

カヨコ「Betterな選択。不服なの?」

米国より大統領次席補佐官およびカヨコ・アン・パタースン大統領特使が極秘裏に来日し、巨大不明生物は太古から生き残っていた深海海洋生物が不法に海洋投棄された大量の放射性廃棄物に適応進化した「ゴジラ(Godzilla)」と名付けられた生物であること、その生物を研究していた牧悟郎という学者が行方不明であること、牧が残した謎の暗号化資料等が日本側に提供される。

巨災対は、ゴジラは体内の原子炉状の器官から活動エネルギーを得ており、そこから生じる熱は血液循環によって発散しているため、血液循環を阻害すればゴジラは生命維持のため自らスクラム停止・急激な冷却を行い、活動停止するはずであると結論づけ、血液凝固剤の経口投与によってゴジラを凍結させる仮称「矢口プラン」の準備を始める。

(シン・ゴジラ 第四形態)

4日後の11月7日、前回の倍近い大きさとなったゴジラが鎌倉市に再上陸し、横浜市・川崎市を縦断して武蔵小杉に至る。

総理「武器の使用を…許可する!」

自衛隊「全弾命中!しかし損傷確認できません!!」

自衛隊は武蔵小杉から多摩川河川敷を防衛線とした、ゴジラの都内進入阻止のための総力作戦「タバ作戦」を実行するが、傷一つ付けることができず、突破されてしまう。

ゴジラは大田区・世田谷区・目黒区へと進行する。

米国からの大使館防衛を理由に爆撃機をグアムから日本に向かわせたとの通知を受けて、政府は正式に米国に攻撃支援を要請する。港区にまで進行してきたゴジラ。

米軍の爆撃機は大型貫通爆弾によってゴジラに初めて傷を負わせることに成功するも、直後にゴジラは、背鰭を光らせて黒煙を口から吐き出し始め、それを火炎放射に変化させると東京の街を火の海に変えた後、更に火炎を光線に変化させ、直後に背部からも複数の光線を放射し始め、爆撃機をすべて撃墜し、光線と火炎放射を吐き出しつつ、蹂躙しながら港・千代田・中央3区の市街地を破壊する。

総理大臣官邸から立川広域防災基地へ避難するところであった総理大臣らが乗ったヘリコプターも光線によって撃墜され、総理を含め閣僚11名が死亡する。
一方ゴジラは、東京駅構内で突然活動を停止する。

政府機能は立川に移転、総理大臣臨時代理も立てられ、矢口はゴジラ対策の特命担当大臣に任命される。

米軍の爆撃で得られたゴジラの組織片の分析より、今後ゴジラは無性生殖によりネズミ算式に増殖でき群体化のおそれがあることや、個体進化により小型化や有翼化し、大陸間を超えて拡散する可能性が示唆された。
また、2週間後には活動再開すると予測された。

泉「矢口、まずは君がおちつけ…。」

国連安保理はゴジラへの熱核攻撃を決議し、住民360万人の疎開が行われる。

対策本部「ゴジラより怖いのは私たち人間ね…」

巨災対は核攻撃ではなく矢口プランによるゴジラ停止の完遂を切望するが、ゴジラには元素を変換する能力もあったことが判明し、血液凝固剤が無力化される懸念が生じてしまった。

その直後、それまで謎だった牧の暗号化資料の解読の糸口が見つかり、解読・解析結果からゴジラの元素変換機能を阻害する極限環境微生物の分子式が得られる。
それを抑制剤として、血液凝固剤と併せて投与することで解決の見通しが立った。

矢口「必ず間に合わせるんだ。最後まで諦めるな!この国を守ろう!」

国連軍の熱核攻撃開始が迫る中、矢口プランは、「ヤシオリ作戦」という作戦名で、日米共同作戦として開始される。

遠隔操作の新幹線N700系2編成に爆薬を搭載しそれをエネルギー回復中のゴジラに直撃させることで強制的に目覚めさせ、次に回復しきっていない残存エネルギーの消耗のみを狙った米軍の無人航空機群による攻撃が、ゴジラが光線を出せなくなるまで続けられる。

エネルギー切れでレーザー状熱線が途切れたところで周囲に残っていた高層ビルを連続爆破・倒壊させてゴジラを強制的に転倒させ、建設機械部隊とコンクリートポンプ車隊が近づき、ポンプ車のアームより累計数百キロリットルの血液凝固剤をゴジラの口内に強制的に流し込む。

だが、その途中で立ち上がったゴジラが光線を吐き出し第一陣は全滅するも、血液凝固剤の効果で次第に動きが鈍くなり、再度、爆薬搭載した多数の遠隔操作在来線列車の攻撃を受けて再び転倒、第二陣の血液凝固剤の投与を行う。

「…ゴジラ、完全に沈黙しました!!」

最後の抵抗とばかりに立ち上がった状態で、ようやくゴジラの完全凍結に成功する。

矢口「結果はどうあれ、政治家の責任だ…」

カヨコ「…好きにすれば?」

その後、都心を汚染したゴジラの新元素の放射性物質は半減期が20日と非常に短く、おおよそ2 – 3年で人体への影響がなくなると判明したことから復興の希望も見えたが、ゴジラが活動を再開した場合には熱核攻撃のカウントダウンは即座に再開され、3526秒(58分46秒)後に実施、発射されるという…。

そして、東京駅脇に凍りついたまま立ちつくすゴジラの尻尾の先端には、背びれと尻尾を持つ謎の人型が数体、生じかけたまま静止していた…!

【 完 】

©シン・ゴジラ – Wikipediaより引用

投稿日:2017年4月4日 更新日:

執筆者:

Amazon